湯どうふの順正
辞 装 桜 旬の味わい 京のこばなし 平成とうふ百珍 拝観・見学一覧 絵ハガキ マップ バックナンバー ホーム
五山送り火問答
東が賀茂街道から西は堀川通まで、北大路通りの少し南に延びている紫明通り。風雅な名は頼山陽の造語「山紫水明処」にちなんだものといわれ、比叡を望んで続くこの通りは『広辞苑』の編者として知られる新村出(しんむらいずる)のお気に入りの散歩道だったそうです。通りから一筋入ったところには、出が後半生を過ごした旧宅が残り、彼の偉業と人と なりを今に伝えています。

東山問わず語り

桜から新緑へ移ろう季節の岡崎界隈を
徒歩&十石舟でめぐる楽しみ

 私は地下鉄で通勤しているのですが、春から初夏の季節は蹴上駅からお店まで歩く道中が楽しみでなりません。桜のつぼみがだんだんふくらんで、やがて一斉に満開を迎える様子を毎日眺めながら歩けるこの季節が、一年で一番好きです。

 疎水べりの散策とともにお勧めなのが、舟から桜並木の眺めを堪能できる「十石舟めぐり」。南禅寺交差点のそばの舟溜まりから乗舟して琵琶湖疎水を下り、夷川ダムまでの往復3km、約25分の水上遊覧が楽しめます。ゴールデンウィークまで運行しているので、新緑の季節も素敵です。

 桜や新緑を楽しまれた後は、ぜひ名物ゆどうふでほっこりしにいらしてください。お待ちしております。

南禅寺順正 サービス係 植村 美樹
南禅寺順正 サービス係
植村 美樹

ページの先頭へ

ページの先頭へ