湯どうふの順正
ホーム 練り歩く 想いを灯す 年輪を重ねる 旬の味わい 京のこばなし 平成とうふ百珍 拝観・見学一覧 絵ハガキ マップ バックナンバー
-AIZOME- 染める
美山の水が育む「藍染め」
美山の水が育む「藍染め」

 高く青い夏空。その空色よりも、私たち日本人のこころにピタリとくる青に魅入られた人がいます。

 豊かな自然に囲まれた京都美山町、山あいのかやぶき集落で藍染めに向き合う、新道弘之さんです。もともと工房を構えていた京都市内からこの地に移ったのは、「美山には清流が残り、冬には薪ストーブを使う方が多いため、染液づくりに欠かせない灰汁(あく)の確保も容易」だからだといいます。

 新道さんは学生時代に藍染めに魅了されました。独りで滋賀県の紺屋に通い詰め、文献や世界各国の藍染めに技法を学びながら、奥深い藍の世界を切り拓いた苦労人。世界各国で作品を披露する作家としても活躍されていましたが、現在は世界でただ一人だけの“技法”を生み出し、藍染めの魅力を突き詰める職人。その技は、ピンと張り詰めた布に細かな皺(しわ)を一つ一つ作り出し染める画期的な『シンディコ絞り』。布地の柔らかな白と、穏やかな藍色が縦に走る“自然なるリズムが生み出すストライプ”です。

 「この染めを生み出すための道具も、すべて試行錯誤の末の産物です。このドラム(写真参照)も、西陣織の織機のメカニズムからアイデアをいただいたものです。藍染めは古くから日常生活に根付いた布きれで、私にはその柄、模様が、西洋で言うところのテキスタイルに思える。そう見ると、とても面白いですよ」。

 実は新道さんは、工房の二階に自身が世界各国から収集してきた藍染めを展示する『ちいさな藍美術館』の館長でもあります。「七十歳になりましたが、まだまだ藍染めが楽しい。世界中の美しい藍染めをもっと見てもらいたいし、若い藍染め作家も紹介していきたい」と藍への愛情がますます募っているご様子です。
 真夏の避暑のドライブがてら、美山までお運びの際は、ぜひ『ちいさな藍美術館』まで。涼しげなシンディコ絞りの販売もされています。

 

西川油店 店主 西川千大さん

藍染職人新道弘之さん

藍染めに惹かれて半世紀。工房の二階には期間ごとに、新道さんのコレクションから「世界中を旅して収集した、一点一点思い入れの深いものだけを展示しています」。

藍染め

炎の祭り「広河原松上げ」

考え尽くされた染め布のテンションを維持しながら、爪と鉤(かぎ)で細かな皺を造ります。

炎の祭り「広河原松上げ」

これまで日本の各地域で当たり前に使われ消費されてきた藍染めを数多く目にし、ついに到達した「シンディコ絞り」。ご本人のお名前とインディコからの、新道さんらしい造語です。

ちいさな藍美術館
南丹市美山町北上牧41
TEL:0771(77)0746


ページの先頭へ

ページの先頭へ