湯どうふの順正
ホーム 練り歩く 想いを灯す 年輪を重ねる 旬の味わい 京のこばなし 平成とうふ百珍 拝観・見学一覧 絵ハガキ マップ バックナンバー
-旬の味わい- 南禅寺 春の味わい
ぬくもりの情景「鳴滝 大根焚寺」

涼を呼びこむ珠玉の三品

夏の味覚を、京の細やかな技で丁寧に仕上げ朱夏の涼やかな器とともにお届けします。

お造り   【焼物】 さっぱりとした蓼酢(たです)でお召し上がりいただく、すずきの蓼焼き。しいたけ、満願寺唐辛子、茗荷(みょうが)をお供に。
焚合

【先付】
目にも涼やかなおくらと雲丹の寄せ。そして、シャキシャキとした食感が涼しげな白ずいきに胡麻酢をかけて。

  先付

【お造り】
透き通るような縞鯵(しまあじ)と、うっすらと表面に脂が感じられる赤身の鮪。そして、柔らかく茹で上げた車海老を添えて。

※献立は旬に合わせ、月に2度変わります。

ページの先頭へ

ページの先頭へ